• ホーム
  • 皮膚カンジダが出来やすい場所はどこ?おむつ使用者はここに注意!

皮膚カンジダが出来やすい場所はどこ?おむつ使用者はここに注意!

2020年04月14日

皮膚カンジダは鼠径部、いわゆる足の股の下に出来やすいのが特徴です。特に高齢者もしくは赤ちゃんでおむつを使用している場合には、皮膚カンジダになりやすいので注意する必要があります。皮膚カンジダになりやすい条件としては、高温多湿の状況や合成繊維のきつい下着などがあげられます。

肛門の周囲にも炎症が起きることがあり、皮がむけて白くなったり赤くなったりして痛みを伴います。特に下痢を何回もした後には感染してただれることがあるので、おむつをしている乳幼児や高齢者のいる家庭ではこまめなケアをしてあげることが大事です。衛生状態が悪いのもこの感染症と関係があるので、おむつを頻繁に交換しないなども大きな原因です。特におむつを使用しているとうんちやおしっこで皮膚が刺激されます。排泄物にはアルカリ性の成分が含まれているために、皮膚を刺激して炎症の原因となります。特に、カンジダ菌は暖かくて湿り気のある部位が好きなので、おむつを当てる部分は格好の菌のすみかになりがちです。おむつを利用する高齢者や赤ちゃんは免疫力が低下しているために、カンジダに感染しやすい傾向にあります。

おむつかぶれの場合にはおむつを頻繁に替えたり、清潔に保つようにこころがけるだけで皮膚の状態はかなり改善します。また発症部位もおむつをあてている部分だけに限定されているのが特徴です。しかし感染した場合には清潔にしているだけでは改善しません。炎症部分が広がり、おむつをあてていない皮膚のシワの部分や股の奥の方、あるいは腹部のたるみの方にもできることがあります。単なるおむつかぶれなら炎症を抑えるための塗り薬やステロイド剤などが有効です。しかしカンジダに感染した場合には抗真菌剤を塗る必要があります。最初の段階ではおむつかぶれなのかカンジダに感染したのかとても見分けがつきにくいので要注意です。

カンジダに感染しているのにステロイド剤をぬってしまうと、炎症が広がってしまうことがあります。ステロイド剤はおむつかぶれには有効な薬ですが、免疫を抑える効果があります。免疫を抑えてしまうとカンジダ菌はどんどん広がってしまいます。そのため、勝手におむつかぶれと思い込み市販の薬などで治療していると悪化するケースもあります。もしもおむつかぶれを治療しているのに少しも改善しない場合は、皮膚科の専門医に診察してもらうことが大事です。いずれの場合も皮膚を清潔に保つことはとても重要です。湿り気は菌が繁殖しやすくなるので、なるべく乾燥させるように心がけます。大便の後はぬるま湯でおしりをきれいに洗ってよく乾かしてから塗り薬を塗ります。

関連記事
若者だけじゃない!大人の大半が知らないエイズの本当の原因とは?

現在はエイズが全国的に知られるようになりましたが、本当の原因は意外と知られていません。若者だけでなく大人の大半の人が、この病気についてよく知らないのが現状です。この病気の主な原因は、性的感染、血液感染、妊娠・出産時の感染の3つです。性的感染はエイズ感染者とセックスすることで感染します。特にオーラルセ...

2020年06月07日
カンジダだと思って検査を受けたらエイズと診断された!他の感染症との関係性とは

カンジダだと思っていたら実はエイズだったというケースはあまり多くありませんが、時々みられます。もともとカンジダにかかる人は抵抗力が落ちている人なので、他の感染症にも関係性があり、かかりやすいのです。また他の感染症と症状がよく似ているために、カンジダだと思い込んでいることもあります。特に、エイズの場合...

2020年05月09日
口の中にもできるカンジダ!感染経路は恋人とのキス?うがいで予防ができる?

カンジダは外陰部だけでなく、口の中にもできることがある疾患です。もともと口の中には常在菌としてカンジダ菌が存在しています。普段は悪さをしない菌ですが、体調の悪化や免疫力低下によりカンジダを発症することがあります。高齢者や唾液の分泌が低下しているドライマウスの人、あるいはガンなどの病気にかかっている場...

2020年03月16日
ドラックストアで購入?それとも通販で購入?カーネステンクリームの入手方法

カーネステンクリームはドラッグストアもしくは個人輸入通販サイトを通して入手することが可能です。どちらで購入したほうがメリットが高いのでしょうか。カーネステンクリームをドラッグストアもしくは通販を利用する際は、薬剤師の説明が必要になります。一方、個人輸入サイトは海外から医薬品を取り寄せる方法です。医薬...

2020年03月12日
錠剤よりも効果大?カーネステンクリーム使用者がその違いを説明します

カンジダの治療薬として有名な薬にカーネステンがあります。カーネステンは別名エンペシドともよばれ、錠剤とクリームタイプの2種類があります。クロトリマゾールを主成分としている抗真菌薬で、カンジダを始め白癬菌などの治療に効果を発揮する薬です。カーネステンクリームは錠剤よりも効果が高いと言われていますが、そ...

2020年03月09日
糖尿病とカンジダなどの感染症にまつわる真実!どれが本当?どれが嘘?

糖尿病になるとカンジダなどの感染症にかかることが多いと言われていますが、それは本当です。糖尿病になると様々な理由で体内の感染防御機能が低下するからです。血液中にある白血球が外部のウイルスや細菌と戦うことで体内に感染症が起こるのを防いでいますが、この機能が働かなくなります。血糖値が高くなったことで、白...

2020年03月07日